桧原湖情報のエントリーアーカイブ

高梨洋平の桧原湖情報2017 5月前半

高梨洋平

皆さんこんにちは!桧原湖ガイドの高梨です。

5月前半までの桧原湖情報をお届けします。

 

4月末〜5月前半の桧原湖は・・とにかく難しい日が多かった!(笑)

特にゴールデンウィーク期間中は多くのアングラーが湖に出ていましたが、連日ノーフィッシュの人が7割くらい!?という厳しさでしたね(汗)

 

しかしよくよく考えてみれば、今年は解氷が遅くまだまだ氷が溶けたばかりという状況。

という事は、晴れた日が続いて水温が温まってもそれは表層水のみで、ちょっと深い所になると温まっていない冷たい水が存在し、それが風等によって撹拌されれば、温まっていた表層水の水温も低下して厳しい状況になるのはいつもの事。

今年は氷が厚く解氷が遅かった一方で、連日気温は暖かかったため、そんな水の撹拌がより激しい水温変化を伴ったため、これだけ難しい日が多かったのかな?と思っています。

 

どんなに水温が低くても、安定さえしていれば春のスモールマウスは釣れます。

だって、氷をボートで割りながら進んだ4月29日は普通にいっぱい釣れましたからね!(笑)

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

見にくいですが、凍ってます(笑)

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

 

しかしそんな日でも1〜3mの浅いレンジで数もサイズも釣れました!この日は釣果の半分が40アップ!

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

が、しかし(笑)

これ以降は水が混ざってひたすら難しい日が続きました・・

連日船中釣果は2〜8本。

ゼロが出なかったのが奇跡かも(笑)

 

・・で、ちょっと水の中に動きを感じたのが5月4日。相変わらず難しいものの、良いスポットに魚が差し始めたようで、バイトが増えました。

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

更に季節の進化を感じたのが5月6日!

この日は、それまでの釣果のほとんどが、シャローへの差し口だったのに対し、遂にシャローフラットフィーディング系で複数のバスが釣れました!

これは明らかに、季節が進んでいる証拠ですね!

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

しかも、シャローへの差し口では2連続ダブルヒットも!

続々とシャローの魚が増えている実感を得れました。

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

 

で、5月8日は午後からの半日ガイドでしたが、ゲスト様1人で11本!

まだまだ桧原湖的には「春爆」とは呼べませんが、いよいよ春爆カウントダウンです!

(そのタイミングで僕は今、TOP50第2戦の練習で山口県と広島県の県境、弥栄ダムに来ています・・皆さん、僕の代わりに春爆しちゃって下さい!!)

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

 

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

ちなみにこの日、クマも見ました(^^)

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

釣れているルアーとしては、やはり水温変動、水の撹拌で厳しい日が続いたため、よりリアクション要素が大きいダート系シャッドがメイン。

加えてまだレンジがやや深いため、ウルトラスレッジやハイカットDRの出番が多かったですね。

キレ良いダートによる視覚的リアクション狙いのスレッジ。ダート、波動、フラッシングと、複合リアクション的なハイカットという感じです。

 

ただ、5月6日以降は浅めのレンジのシャッドが有効になって来ました!

その場合は上記2種の浅いレンジ版のスーパースレッジ、ハイカットが出番で、更に水温が上がって食わせよりになって来たら、ソフトジャークのザッガー、ただ巻きのスピードキラーが活躍してくれます。

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/05/12

晴れた風もない。水がクリアアップ・・等ハードルアーでは騙せない時はワーム!

表層ならI字やシャッドテール、中層ならジグヘッドのミドスト、ボトムはネコリグorライトキャロ!

ちなみにボトムの場合、動きがあるネコリグと動きの無いライトキャロで釣果に差が出る事があるので、どちらも試して下さいね!

高梨洋平による桧原湖バスフィッシングガイドサービス

高梨洋平の桧原湖情報2017 2017桧原湖開幕直前

高梨洋平

皆さんお久しぶりです。高梨です。

4月も中旬を過ぎ、いよいよ桧原湖シーズンが開幕します。

例年であれば4月15~20日くらいには湖の氷が解けて同時にシーズン開幕となるのですが、今年は雪が多く解氷も遅れているため、開幕は4月25日以降になりそうな感じです。

今回は桧原湖開幕~5月20日頃までのプリスポーン期に釣りをする際に特に準備して頂きたいタックルと釣り方を簡単に紹介してみます!

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

まず、春に桧原湖で絶対欠かせないのが、スピニングタックルで扱う小型プラグ達!

この時期は特に「プラグよりワームの方が釣れる」なんて思ってはいけません!ここ数年、1日30本以上釣れたいわゆる春爆が起こったとき、だいたいその釣果のほとんどは小型プラグ!つまり、バスの目線より上を横方向に泳ぐ物に対してすこぶる反応が良いのが春なんですね!

「いつもワームばかりでプラグで釣ったことない・・・」という方は、是非この春に小型プラグを投げまくって下さいね!

ちなみにワームですと、表層I字引きや表層シャッドテールは小型プラグに負けず劣らずな爆発力を発揮してくれますよ!

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

僕がよく使う小型プラグは、表層I字ならレーシングワカサギやハンクルジョーダン、ステレスペッパー。

ミノーならK-1ミノーやⅩ55等。

シャッドはジャーク用のハイカット、スーパースレッジ系、ソフトジャーク用のザッガー、ただ巻のスピードキラー!っといった感じです。

表層~3mくらいまでの間をこれらの小型プラグで釣れる水深合わせをしていってください。

冷えてバスの活性が落ちたらスーパースレッジ系のダート重視。活性が高いならザッガーのソフトジャークやスピードキラーのただ巻って感じの使い分けでトライしてくださいね!

 

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

ワームの表層シャッドテールを使うなら、つい最近発売されたスタッガーオリジナル2.5インチが個人的に非常に気になっています!小型ながらノーシンカーでしっかり飛距離が出せそうなウエイト、よく動いてくれるノンソル素材のボディーとテール、そしてスモールマウスがいかにも好きそうなカラーラインナップ!

投入するのが楽しみなルアーですね。

また、シャッドテールワームは大きめの物も非常に実績が高いので、同じくスタッガーオリジナル4インチやアバカスシャッド4.3インチ等も準備しておくのがおススメですね!

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

ただ、水がクリア過ぎたり風が無さ過ぎたり、光が強過ぎたりという時は流石に小型プラグの威力は半減します。

そんな時はワームの出番!

表層なら先述した表層I字引きやシャッドテール。中層ならアライブシャッド等のジグヘッドミドスト。表層や中層に浮いてきてくれず、ボトムじゃないと食わない!って時は、アバカス2.8インチのイモのネイルリグやライトキャロでボトムズル引き。またはフラッシュストレート4.3とスワンプ三二のネコリグボトムシェイクが効きますよ!

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

そして、とにかくプリスポーンのビッグスモールマウスを釣りたい!という方にはユニオンスイマー!スイムベイトですが、スモールマウスを狙う場合はジャークベイトのように使うのがポイントです!

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

また、強風等で小型プラグではアピールが弱い時がありますが、そんな時はユニオンスイマーに加えてジャークベイトも出番です!僕が愛用しているのはワンテンシリーズとレストですね。

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2017/04/20

ここまで書いたタックルと釣り方があれば桧原湖の春はほぼ攻略できます。あとは、状況に応じてどの引き出しを選んで開けるかですよ~。

最後に、僕の場合のそれぞれのタックルセッティングを載せておきますのでタックルを組む時の参考にしてみてください!

 

小型プラグ用

ロッド・ブラックウィドウ62UⅬ₋S

ライン・デッドオアアライブプレミアム3~3.5ポンドorPE0.4号&リーダー4~6ポンド

 

表層ワーム、ミドスト用

ロッド・64SUⅬライトキャロ用ソリッドティップスピニング

ライン・デッドオアアライブプレミアム2.5ポンド

 

ネコリグ、イモ用

ロッド・ボンバーファクトリー61ⅩUⅬ ショートソリッドティップ

ライン・デッドオアアライブプレミアム2.5ポンド

 

ライトキャロ用

ロッド・ボンバーファクトリー64UⅬテクニカルライトキャロ

ライン。アブソルート3ポンド

 

ユニオンスイマー用

ロッド・ブラックウィドウ71H₋T

ライン・デッドオアアライブプレミアム14~16ポンド

 

ジャークベイト用

ロッド・ブラックウィドウ65Ⅼ₋t

ライン。デッドオアアライブプレミアム8ポンド

 

大型シャッドテール用

ロッド・ブラックウィドウ68Ⅿ₋t

ライン・デッドオアアライブプレミアム12ポンド

 

高梨洋平の桧原湖情報2016 10月下旬編

高梨洋平

皆さんこんにちは。桧原湖ガイドの高梨です。10月30日までの桧原湖情報をお届けします。

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

いよいよ桧原湖シーズンも終盤。釣り人もだいぶ少くなって来ました。

しかし個人的には、今が桧原湖シーズン中で1、2を争う程に大好きなシーズン。

晩秋のハードベイトシーズンです!!

主に使うのは3アイテム。

ユニオンスイマー、ジャークベイト、ディープクランクです!

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

ユニオンスイマーは主に、バスが浮いて来易いコンディションで使用。比較的表層の水温が安定していたり、晴れて風が吹いている時等がそれです。

使い方は基本的にやや遅いピッチでの2ジャーク、1~2秒ステイの繰り返し。

最近では晴れて暖かい日が続いた26、27日がユニオンスイマー炸裂day。

数、サイズ共に他のハードベイトを出し抜きました。

使うシチュエーションとしては、ワカサギが多く居る4~5mくらいまでのフラットや岬、もしくは急深なバンクでやはりワカサギが多く岬やロックが多い所です。

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

ジャークベイトは、水温低下や天候悪化等が原因でユニオンスイマーにバイトはあるけどフッキング率が悪い時やバイトが少ない時が出番。

ユニオンスイマーよりもリアクション要素を大きくしてしっかり食わせるイメージです。

ユニオンスイマーで釣れている時にもジャークベイトは効きますが、平均サイズはユニオンスイマーよりも下がりますね。

主に使うジャークベイトはビジョンワンテン、ワンテンプラス、レスト108。

単純に水深による使い分けです。また、レストよりワンテンシリーズの方がダートするので、よりリアクション要素を上げたい時はワンテン、そうじゃない時はレストという使い分けも出来ます。

ちなみに、スモールマウス狙いだからと言ってルアーサイズを下げてはいけません。

低水温期だからこそ、大きめのルアーが持つ「ボリューム感のリアクション」が効きます!

ユニオンスイマーも一緒です。

こちらは水深2~3mがメインで、フラットやそれに絡む岬等の地形変化を狙い、やはりワカサギの存在が必要です。

ワカサギはとにかく、風と流れが当たったり巻いたりしている所を探して下さい!

 

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

ディープクランクは、やはりバスが浮いて来やすい晴れて風が吹いている時に使うのがベストで、4~6mの中層で使います。

これはユニオンスイマーやジャークベイトとの使い分けというより、同じ状態だけど居る水深が違う魚を狙う感じです。

もちろん、ユニオンスイマーやジャークベイトの水深まで浮いてこない、魚が少ない時等はディープクランクの出番ですね。

特にバスの浮きが良くない時は、ド中層よりもなるべくボトム付近まで潜らせるのが良いですね。

使うのはHU300~400、ブリッツEXDR、ディープX200等。

通常使用頻度が高いのはHUシリーズとブリッツで、特にベイトが多かったりバスの活性が低い時は、動きが少し大きくラトル音が大きいディープXの方がように感じます。

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

こういったハードベイトの釣り以外にも、ディープの越冬場所のパターンは今がちょうど、ライトリグで良いサイズが狙い易い状態です。体力がない小バスは完全越冬モードに入りつつあり、より深いレンジに落ちてライトリグへの反応が悪くなるからです。

水深は重荷6~10mくらい。小バスはもっと深めに多いです。

リーダー3~10㎝くらいのショートリーダーダウンショットのボトムでのシェイクが定番ですよ!

プロショップオオツカ バスフィッシング用品ネット通信販売 ブログ写真 2016/10/31

非常に面白い晩秋の檜原湖ですが、寒い事に変わりはないので(笑)

真冬の防寒でお越しください!

「高梨洋平 なしブログ」

ハイドアップ HU-300 HU-300

フローティング #08 クローダッド

1,836円 在庫数:3

ハイドアップ HU-300 HU-300

フローティング #13 キンクロ

1,836円 在庫数:6

申し訳ありません、売り切れました。

ハイドアップ HU-300 HU-300

フローティング【メーカ取り寄せ】 #10 ブラックバックチャート

1,836円 在庫数:3

申し訳ありません、売り切れました。

ガンクラフト 鮎邪 鮎邪レスト108

108mm 1/2ozクラス #07 紀ノ国レモン

2,160円 在庫数:5

ガンクラフト 鮎邪 鮎邪レスト108

108mm 1/2ozクラス #08 フラッシングGMチャート

2,160円 在庫数:1

ガンクラフト 鮎邪 鮎邪レスト108

108mm 1/2ozクラス #10 クラウン

2,160円 在庫数:4

ガンクラフト 鮎邪 鮎邪レスト108

108mm 1/2ozクラス #11 ワカサギ

2,160円 在庫数:5

ガンクラフト 鮎邪 鮎邪レスト108

108mm 1/2ozクラス #01 邪鮎

2,160円 在庫数:3

ガンクラフト 鮎邪 鮎邪レスト108

108mm 1/2ozクラス #05 シースルー邪鮎

2,160円 在庫数:5

申し訳ありません、売り切れました。

申し訳ありません、売り切れました。

申し訳ありません、売り切れました。

申し訳ありません、売り切れました。

申し訳ありません、売り切れました。

申し訳ありません、売り切れました。

申し訳ありません、売り切れました。

facebookpage

プロショップオオツカ高崎店

プロショップオオツカ川越店

つり具おおつか伊勢崎店

OSP特集 ゲーリーヤマモト特集 UVSC特集 スモールマウス特集 HIDEUP永野さんの「たまらんばい高菜」 ラーメンカレーミュージックフィッシング
五十嵐まこと野尻湖ガイド